松澤宥(まつざわゆたか)(1922 – 2006)は長野県下諏訪町出身、20世紀の日本の現代アートを引っ張ったアーティストの一人です。 「日本観念芸術/概念派の始祖」と言われます。2022年2月2日で生誕100年。近年国内外での再評価が進んでおり、米国や香港、国内各地で多くの展覧会が開催され、2022年2月にはリニューアルされた長野県立美術館で大回顧展が開催されます。

誤解を恐れず言えば松澤は「アート」だけでなく、「生き様」が面白い。私たちは彼の生誕100年を祝し、諏訪を起点として「ローカルかつグローバル」に生き、「人類よ 消滅しよう 行こう行こう」(代表作とも言われる「消滅の幟(のぼり)」の言葉)と表現しながら、一方で多様な仲間たちと人生を全力で肯定的に生きた松澤から学ぼうと、このサイトを作り、ささやかなイベントを実施することにしました。みなさんも自分の「松澤宥」を見つけてみませんか。

1. 撮影:中嶋興 Ko Nakajima | 画像提供:慶應義塾大学アート・センター Keio University Art Center[法被を着る松澤宥 1969 下諏訪]
2. 撮影:松澤久美子[消滅の幟 ユートピア&ヴィジョン展 1971 ストックホルム近代美術館]
3. 撮影:羽永光利[消滅の幟 御射山秘儀 1970 諏訪 御射山奥社]

松澤宥 生誕100年祭

松澤宥 生誕100年祭

- アートの歴史を変えた諏訪人 -
2022年2月2日に松澤宥が生誕100年を迎えるのを記念して、長野県下諏訪町で展覧会やイベントが開催されます

会期:2022年1月29日(土)〜2月13日(日)
*プサイ郵便局ワークショップのみ2021年11月3日(祝)開催
料金:無料(一部施設の入場料あり)